内部SEOの重要性が分かる情報です。

SEOには、外部と内部二種類があります。
外部はリンクの張りつけで、順位を上げるやり方です。
内部は記事を書いたり、サービスを提供することで順位を上げるやり方です。
数年前は外部だけでも順位を上げやすい時代でしたが、今は大きく変わりました。
現在、リンクを沢山張っても順位が変わりにくくなっています。
それにリンク切れになった場合は閲覧者をガッカリさせたり、順位が低下する恐れもあります。
これからサイトを作る方は、外部よりも内部に気を使いましょう。
内部SEOは難しそうですが、経験が無い方でも簡単にできます。
常に自分から見てお得な情報・閲覧者目線で書いた記事を投稿すれば、順位がアップします。
更新すればするほどライバルサイトに勝ちやすくなりますが、面倒になることもあります。
面倒になった場合は、1日1記事更新するだけでも違います。
コメント数が多い記事・アクセス数が多い記事が出た場合は、上位表示される可能性が高いです。
反対にアクセス数・コメントが少ない記事は消さない方がいいでしょう。
なぜなら後から興味を待ってくれる方が現れる可能性があるからです。
売り込みの強い広告は内部SEOを悪化させるので、できれば消しましょう。

定期的に行うべきSEO対策の基本
検索順位に影響するSEOについて
本当のSEO対策は高品質な内容です。
内部SEOの重要性が分かる情報です。