定期的に行うべきSEO対策の基本

WEBサイトというのはコンテンツを作成したらそれで終わり、ではいけません。
ブログ形式のように頻繁に更新はしないまでも定期的に行うべきSEOの対策があります。
まずは古い記事のチェックです。
掲載当時と現在とで状況が変わっている場合には修正することがポイントですね。
例えば場所や連絡先、名称等が変わった場合がこれにあてはまります。
その際そのまま新しい情報に上書き修正しても良いのですが、古い記述部分に取り消し線を引いてその下に更新した内容を更新年月日とともに付記した方が親切な場合もありますのでパターンに合わせて対処しましょう。
次にリンクのチェックです。
自サイト内のページ間リンクは大丈夫としても、参照情報や相互リンクとして他のサイトへ張った外部リンクが現在でも変わったりなくなったりしていないかを確認しましょう。
これはサイト内のリンクを一括でチェックできるツールが多数出ておりますので好みの物をつかうと良いでしょう。
現在使われていないリンクをいつまでも張っておくことは検索エンジンの評価を下げますので忘れずにすべきSEOのタスクですね。

定期的に行うべきSEO対策の基本
検索順位に影響するSEOについて
本当のSEO対策は高品質な内容です。
内部SEOの重要性が分かる情報です。